検索
  • kenta kitagawa

5月9日放送分の楽曲


5月9日放送の内容を振り返り〜


まずは、アルバム「Please Please Me」の1曲目

「I Saw Her Standing There」

・アルバム1曲目を飾る。1.2.3.4!

・テイク1が採用。1.2.3.4はテイク9。わざわざカウントを編集して付け加えるほど出だしの音にこだわっていた。

・ポールがチャック・ベリーの影響を受けて10代後半60~61年に作曲。

・ポールは当初、歌い出しの歌詞を「Well,she was just seventeen, never been a beauty queen.」(彼女はたった17歳、美人コンテストにはまだ未勝利)にしていたんだが、ジョンに「なんだそりゃ?you know what I mean.(どういう事かわかるだろ?)にしようぜ。」と言われたとか。

・ポールのインタビューによると、この曲のベースラインはチャック・ベリーの「I'm Talkin' about You」が元ネタとのこと。


ということでベースラインの元ネタとなった

チャック・ベリーの「I'm Talkin' about You」を聴きましょう。


2曲目は「Misery」


・女性歌手ヘレン・シャピロのためにジョンとポールが書いた曲。

 しかし歌詞が悲観的でアイドル歌手に向かないと拒否される。

 

・ジョンとポールはバンドマンとしてももちろんだが、作曲家としての目標も持っていたことがわかる。


・ピアノはジョージ・マーティン。


・幻の5人目のビートルズ、ロイ・ヤングの話。



嬉野ディスクジョッキー実業団のToday's select。

今回の担当はフレイミーの大町健二さん!

大町さんがセレクトした楽曲は

田我流 feat.BigBen「墓場のDigger」

地方のDJは都会と違ってレコード店がなく

レコード掘りはリサイクルショップなどでディグるそうです。

そいったことを歌った楽曲ということでご紹介頂きました!


また番組の冒頭ではリスナーの方からのメッセージを読ませて頂きました!

エンジョイ ビートルズさん、いつもコメントありがとうございます!


次回の放送は5月23日の20時30分より!

お楽しみに〜


See You Next Time!


----------------------------------------------------------------------------

「レッツ!ビートルズ on Radio」

テレビ九州(ケーブル)で放送されている番組がついにラジオに進出!

嬉野温泉が誇る名物MCヘネシー吉川が

ビートルズを聴き返したいというつぶやきから始まった番組。


旅館大村屋の北川健太による解説、曲にまつわるエピソードと共に

年代順にビートルズの歴史を聴き返す

ビートルズを知らない世代でも楽しめる音楽番組です。


ヘネシー吉川と北川はビートルズ初心者パーソナリティー諸岡彩を

ビートルズ好きにできるのか!?


ミニコーナー「嬉野ディスクジョッキー実業団のToday’s select」では

嬉野の夜を賑わす実業団メンバーが毎回オススメの一曲をセレクト!

 ※アプリ「WIZ RADIO」をダウンロードすれば全国から無料でお聴きいただけます!


「レッツ!ビートルズ on Radio」

出演:諸岡彩、ヘネシー吉川、北川健太

放送:エフエム佐賀(77,9MHZ)

   毎月第2第4木曜日 20:30~20:55

  (※次回放送日は5月23日)

提供:テレビ九州、旅館大村屋、Tea Nagao


【メッセージ大募集!】

皆様のビートルズに関する思いやエピソード、

つぶやき(#letsbeatles)、メッセージをお待ちしております!

毎回数点番組内でご紹介させて頂きます。

FM佐賀:https://www.fmsaga.co.jp/request/

Mail:lb@fmsaga.co.jp

Twitter:@lets_beatles

Instagram:@lets_beatles

Facebook:https://www.facebook.com/letsbeatles/

Blog:https://www.lets-beatles.com

23回の閲覧
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2017 Let's Beatles​!