検索
  • kenta kitagawa

レッツ!ビートルズ on Radio #85(2021.12.9放送)

木曜夜のお楽しみ!

「レッツ!ビートルズ on Radio」は今夜20時30分からオンエアです♪


昨日はジョン・レノンの命日でした。

1980年12月8日ニューヨークにある自宅ダコタハウス前で凶弾に打たれました。

世界的なミュージシャンが殺されるという大事件。

2度とこんな悲しい事件を起こしてはいけません。

今夜はラバーソウルより「If I Needed Someone(恋をするなら)」をご紹介いたします!


こちらはジョージ・ハリソンの楽曲。

リッケンバッカーの12弦ギターの音色が特徴のフォークロックナンバー。


実はビートルズの広報デレク・テイラーはフォークロックの代名詞であるザ・バーズの広報も担当していたという話から・・


「アラウンド・ザ・ビートルズ」のコーナーでは

THE BYRDS 「Turn!Turn!Turn!」をご紹介します!

元曲はピート・シーガーというフォークシンガーが1959年に作った楽曲です。歌詞は旧約聖書をもとに作られていて「万物はすべて変わっていく」と歌われます。


当時の急激な時代の変化や、反戦的なメッセージにも呼応した60年中旬を代表する楽曲です。



それでは今夜もよろしくお願いいたします!

radikoでお聞きの方は以下のリンクよりどうぞ〜

聞き逃した方はタイムフリーで1週間はお聴きいただけます! https://radiko.jp/#!/ts/FMS/20211209203000


Podcast版では映画「ゲット・バック」についての談話を更新しております。

今回は番外編としてPodcast嬉野談話室で行われたトークをこちらの番組でもご紹介します。11月25日から配信されたビートルズのドキュメンタリー映画「ゲット・バック」を見て感じたことを写真家のMOTOKOさんと共に語り合いました。

ビートルズの解散の怨恨が60年代、民間の敗北と若者文化の終焉という冬のイメージだったが、実は全然ちがった?春だった。

大切なのは”もの”ではなく、”関係性”。そこから生まれるのは生産ではなく、クリエティブ。


キーワードはコンヴィヴィアリティ、祝祭、まれびと、なりゆき、ハプニング、そして「ものではなく関係性」。

ビートルズはソーシャリーエンゲージドアートだった?などなど、MOTOKOさんならではの視点で見るビートルズもお楽しみください。

-------------------------------------------------------- 「レッツ!ビートルズ on Radio」 この番組はビートルズ初心者のパーソナリティー諸岡彩を ビートルズ好きに仕立て上げる!というのを目標に 嬉野温泉が誇る名物MCヘネシー吉川と ビートルズマニアである旅館大村屋の北川健太が 楽しくかつ初心者にも分かりやすくビートルズを年代順に紹介する番組です。 出演:諸岡彩、ヘネシー吉川、北川健太 時間:毎週木曜日20:30~20:55 放送:エフエム佐賀(77,9MHZ) ※アプリ「radiko」や「WIZ RADIO」で全国からお聴きいただけます! 【番組スポンサー】 テレビ九州( https://www.ktknet.ne.jp ) 旅館大村屋( http://www.oomuraya.co.jp ) Tea Nagao ( http://teanagao.jp ) オステリアウーヴァ( https://uva-ureshino.com ) ふきあげ納富病院 ( https://seiseikai-hc.jp ) 音成印刷 ( https://www.otonari.co.jp ) 【メッセージ大募集!】 皆様のビートルズに関する思いやエピソード、 つぶやき(#letsbeatles)、メッセージをお待ちしております! メッセージを送ってくれた方にはプレゼントもあるかも!? Mail:lb@fmsaga.co.jp Twitter:@lets_beatles Instagram:@lets_beatles Facebook:https://www.facebook.com/letsbeatles/ Podcastレッツ!ビートルズ: https://spoti.fi/3wanGET


閲覧数:19回0件のコメント